業務案内

型枠工事

型枠大工の仕事は、建物の基礎部分に該当する為、精度や技術力が求められる仕事です。

鉄筋コンクリートの建物の設計図を基に、ベニヤや金物を使って建物の型を作り、そこに液状のコンクリートを流し込みます。

コンクリートが固まったら、型枠を解体し取り外します。

型枠工事の出来具合が、建物全体の出来具合を決定する 非常に重要なポイントを担っています。


作業工程

型枠の拾い出し

設計図より型枠用の加工図を作成し、必要な素材の寸法、形状、数量等を拾い出します。



加工(板割り)

作成した加工図を基に、材料の加工を行い型枠を製作します。



材料搬入

加工した材料、金物等を現場に搬入します。


墨出し(すみだし)

墨出しとは、型枠を組立てる柱の位置や大きさ、壁の位置や厚さなどをコンクリートに印をつけていく作業です。



建て込み

墨出しを基に、加工した材料を組み立てていきます。



コンクリート打設

組み立てた型枠にコンクリートを流し込みます。

液状のコンクリートの流し込みを行うと、型枠に強い圧力がかかるため、打設中は常に型枠の点検を行います。



型枠解体

打設をしたコンクリートが固まったら、型枠を解体します。

解体作業が終わると型枠工事は終了です。